国内セメント生産者数が増加するため セメント輸入が減少

経済
45@montsame.mn
2018-08-27 11:26:59
 モンゴルは2015年までセ メント需要の56〜88%を輸 入しているが、2015年にセ メント輸入税を増やす、国 内生産者数を増やすため、 セメント輸入は2015年には 17〜25%に減少したとBaRIlga.Mn社が、20日明らかにし た。したがって、毎年1400 万~9700万㌦の年間流入額は、500万ドルに減少した。国内のセメントの売上高は 2013年に12%から2017年に は80%に増加した。例えば、2015年に年間 100万㌧のセメント生産能力 を持つ「モンポリメト」社 の「モンセメント」工場、 年間8億6000万㌧のセメント生産能力を持つ「ムンヒ ーン・バヤンガル」社のセ メント工場、2016年に年間100万㌧のセメント生産能 力を持つMaK社の「フフ・ ツァビーン」セメント工場 が設立以来、セメント需要 を国内市場に提供するため に拡大された。コストと工 場容量に応じて、トン当た りセメントは8万4000~10 万5000トゥグルグの費用が かかる。BaRIlga.Mn 社による と、「モンセメント」工場 の1㌧セメントは16万トゥグ ルグ、MaK社のセメント16万 8000トゥグルグ、フトゥル セメントが17万トゥグルグ で売られているという。
 
関連ニュース