ハイライト

レスリング選手団が、大統領杯で8個メダル


2018-03-15 14:00:53
画像
 ブリヤート共和国大統領杯レスリング大会が10~11日、ロシアのウラン・ウデで開催された。第13回目の開催。同大会では、ロシア、モンゴル、韓国、アルメニア、ベラルーシ、ハンガリー、リトアニアなど15カ国180人の選手が出場した。その結果、モンゴル代表団は8個のメダルを獲得した。
 初日は男子の57㌔級、65㌔級、74㌔級、86㌔級、97㌔級の試合が行われ、各国の強豪が競い合った。スポーツ功労選手のベフバヤル選手は57㌔級の決勝でトゥヴァ共和国の代表選手に2対1で敗れ、金メダルを逃した。また、B.バトマグナイ選手が銅、G.マンダフナラン選手が銀、P.ウヌルバト選手が銀、O.ウイトゥメン選手とB.ウリジーサイハン選手が銅、U.バトゾル選手が銀、N.ゾルボー選手が銅メダルをそれぞれ獲得した。