日本語教師会20周年記念、「日本語教育シンポジウム」開催

社会
naranchimeg@montsame.mn
2018-10-11 10:49:15

 6日、モンゴル・日本人材開発センターで、モンゴル日本語教師会、モンゴル・日本人材開発センター主催のモンゴル日本語教師会設立20周年記念事業として「第11回日本語教育シンポジウム」を開催した。

 今年は「小中等日本語教育スタンダード及び高等教育との連携」というテーマの下、日本から嶋田和子アクラス日本語教育研究所代表理事、日本語教育学会副会長、片桐準二国際交流基金ジャカルタ日本文化センター日本語上級専門家が基調講演を行った。また「小中等日本語教育の現状及び課題」をテーマに、D.オユンゲレル(モンゴル教育コーチングアカデミー)、中西令子(モンゲニ統合学校)、牧久美子(モンゴル国立科学技術大学)の各教師がスピーチし、また、「日本語教員養成課程でJFスタンダードを生かしている現状と課題」というテーマでD.ボルマー(モンゴル国立教育大学)、「日本語教育スタンダードに準拠した大学生向けの教材開発の試み」をテーマい、Ts.デルゲルフツェツェグ、Ts.オノン、P.エンフジャルガル(モンゴル国立大学)がそれぞれ発表を行った。最後に、パネルディスカッションにあたって、Ts.プレブスレンモンゴル日本語教師会副会長「小中等日本語教育スタンダード及び高等教育との連携」について発表し、シンポジウムを終えた。


関連ニュース