ドリフト走行のレース場、設立

スポーツ
naranchimeg@montsame.mn
2018-10-12 09:32:33

 ナライフ区からチョンジンボルドグまで行く途中で「Mongol 63C i r c u i t 」ドリフト走行のレース場が設立された。同場でドリフトの多彩な大会を開催する可能。Mongol 63 Circuitレース場は6ヘクタールで830㍍の道路、奥行きは10㍍~14㍍道路、1610人席の競技場、駐車場、休憩所、予備部品店、ドリフトレンタカーのサービス店などがある。13日、同場でドリフトの全国選手権が開催される。ドリフトは、山道を走るラリーなどで後輪を滑らせながらカーブを曲がる技術として知られている。モンゴルでは、2008年から、ドリフト競技がスタートし、ドリフトの美しさを比べる競技として発展した。

関連ニュース