モンゴル医療分野、200カ国中145位

社会
naranchimeg@montsame.mn
2018-05-10 10:53:18
 4日、モンゴル大統領府市民会館で「医療分野の法環境、市民の健康に関する権利」について協議会が行なわれた。J.アマルサナー大統領医療問題担当非常勤顧問によると、モンゴルの医療分野は約200カ国のうち145位に入っているという。
 アマルサナー非常勤顧問は「これはもちろん、今後医療分野において改善し、解決すべき問題が数多いことを表している」とコメントし、「一国の医療分野の発展度合いを測る物差しの一つとして、平均寿命がある。モンゴルの平均寿命は69歳に達したが、周辺諸国は85~86歳とも言われる。平均寿命が長いというのは医療レベルが高く、安定しているということだ」と述べた。
 Z.エンフボルド大統領府長官は「今日のモンゴルで、いくつかの疾患や死亡率が世界でも多い方に入っていることは残念で、かつ心配でならない。これまでの政策で欠けていたことが国民の生活に結びついている。特に国民の健康や命の問題は、国が特に重視し、何よりも迅速に対応すべき課題だ」と語った。Kh.バトトルガ大統領の2017~2021年にかけての実施政策および実行計画の中には、モンゴル人の健康と長寿のための取組みが含まれている。協議会はこの取組みの一環として開催された。
関連ニュース