チーズ生産に注目「世界へ大量輸出可能」

経済
naranchimeg@montsame.mn
2018-05-16 16:45:46
 モンゴル名産品の一つである乳製品の輸出量増加に向け、今、チーズに注目が集まっている。
 「来年以降、モンゴルのチーズを世界市場に大量輸出することが可能になるだろう」とモンゴリアン・アーティザン・チーズ・メーカース・ユニオン社のマイケル・モロヴ社長は語る。モロヴ社長は続けて、「モンゴルのチーズは独立した産業になっていない」と言う。他国にはない、モンゴルの動物ならではの乳でできた良質なチーズを生産し、国際市場に進出できる可能性がある。現在モンゴルが乳製品の輸出協定を結んだ国はほとんどなく、特にロシア、中国といった隣国にすら定期的な輸出ルートがない。「これが問題だ。チーズはモンゴルの代名詞となる可能性が充分にある」とモロヴ社長は強調する。
 昨年のチーズおよびアールツの生産高は139.9㌧で、前年比30.9%増加している。政府は2016~2020年にかけて、食肉・ミルク第一キャンペーンを実施している。
関連ニュース