モンゴル・バサルト、IPOブック・ビルディング開始、投資家の関心を集める

経済
著者 : Ц.Наранчимэг naranchimeg@montsame.mn 2018-05-17 09:52:22
 投資家から注目されているモンゴル・バサルト社の新規公開株(IPO)に付くブック・ビルディング(需要申告)は14日に始まった。23日に、終了とする。
 同社は、今回、保有株30%に当たる1690万株を新規公開する計画で、64億トゥグルグの想定公開規模を目指す。「調達資金の約4割を工場拡張事業に充てる」とL.アリオンボルド社長が語り、「今年度の売上目標は30億トゥグルグだが、既に41億トゥグルグ分の製品納入を受注した」と堅調ぶりをアピールした。さらに、「設備更新で10%の値下げも実現された」と生産力と値下げについて言及し、海外進出に関して「日本や中国、韓国に向けて輸出を手掛ける」としつつ、「7月中に取引に関する契約を交わす」と具体的な時期について明言した。
 
関連ニュース