バヤンザグが文化遺産の保護を確保する

社会
著者 : Ц.Наранчимэг naranchimeg@montsame.mn 2018-07-04 09:21:43
 ウムヌゴビ県のボルガン郡にある世界で最も有名な古代遺跡の1つであるバヤンザグは、文化遺産の保護を受け入れることになった。
 バヤンザグから世界初の恐竜卵と数多くの恐竜の化石が発見された。 保護区域は、特別区域と観光区域の2つに分かれている。今年中にシレー・シャバル遺跡やオラルザフ・ツォンジ周辺に防護柵や入り口が建てられ、恐竜の化石が発見され、建設・保護作業のために2億2200万トゥグルグが地方予算から支出される予定だ。 他の恐竜の化石地域と古代の和解地域は、緩衝地帯として保護されるという。
 現在、バヤンザグの近くに5つの観光キャンプと5つの家畜家族があり、外国人と国内の観光客にサービスを提供している。 2018年には、古代の居住地やシレー・シャバル遺跡を含む恐竜の化石が発見された地域が保護される。
関連ニュース