ハイライト

「母なる地球、かけがえのない人間、あなたの人生の物語」、顧客との信頼の絆を構築


2018-07-09 10:47:43
画像
 今年初の「メイド・イン・モンゴリア」ブランド・コーナーで海外ツアー及び国内旅行の企画、販売、手配を行う総合旅行会社「ニュー・ジュールチン・ツアーズ」をクローズアップする。
 旅行は広義で出発点から目的地への移動だが、厳密に言うとなれば、住み慣れた場所を離れて一時他の土地へ行くこと。つまり、決して専らの継続的な移動ではなく、時空間を問わず身の安全が最も重視された環境での観光を言うだろう。政治体制の転換後、モンゴルは世界へ「開かれた空間」となり、謎に包まれた遊牧民と彼らの代々に受け継がれていた伝統文化や風習を身近に感じたい、そんな外国人旅行者が現れ始めた。こうした市場ニーズに応えるべく、ニュー・ジュールチン・ツアーズ(以下:ニュー・ジョールチンという)が設立された。

 ニュー・ジュールチンは、「母なる地球、かけがえのない人間、あなたの人生の物語」をブランド・スローガンに掲げ、信頼性と安全性を念頭に業績を地道につみあげてきた。海外から顧客が来るばかりではなく、やがてモンゴル人の海外旅行や国内旅行が当たり前のようになる。旅行形態の変化と顧客のニーズを掴み、「ニュー・ジュールチンならでは」の商品とサービスを生み出し、質の良いものを磨き続けた結果、同社が急成長を遂げる。現在、ニュー・ジュールチン・ツアーズは、国内外に子会社の10社を構えたグループ会社である。世界30カ国100社と業務連携があり、年間およそ1万人の外国人観光客を迎えている。同社は、2015年以降、サービスの活性化と生産性向上を促進するため、国際規格認証取得を目指して熱心に取り組み、品質マネジメントISO9001、労働安全衛生マネジメントOHSAS18001、環境マネジメントISO14001の獲得という業界初の快挙を成し遂げた。
 ニュー・ジュールチンは、2004年に国家知的財産庁及びモンゴル商工会議所により、「国家観光産業ブランド」表彰、2005年と06年にモンゴル商工会議所の「ベスト・アントレプレナー」賞、2015年~17年の「ベスト・インバウンド・ツアー・オペレーター」賞、2012年にアジア商工会議所連合会の金賞をそれぞれ受賞した。


顧客との信頼、声に応える会社
 
 
 ニュー・ジョールチンは顧客との信頼関係を大事にしており、その絆をより強固にするため、国内外に対して同社の事業や理念をアピールし続けている。例えば、ワシントン、ベルリン、マドリード、東京、北京、台北などの世界大都市で旅行代理店を構えるほか、ITBベルリン、WTMロンドン、Top Resaパリ、ITE香港、MITTモスクワ、ITF台北といったツーリズム業界の国際見本市・展示会へ定期的に出店して「モンゴルへの旅行」の魅力を世に発信し続けている。 「モンゴルの遊牧伝統は、海外旅行者を誘致する要素だ。単にそれを見せるだけではなく、そこにある物語を知って、学んでいくことによって価値が生まれるような商品づくりを心掛けている」とニュー・ジョールチンのSh.ネルグイ社長が語る。一方、社内で旅行の安全性や信頼性を徹底し、仕入力と企画力の強化を図っている。単なる旅行会社から自ら旅行需要を作り出す企業を目指している。





各企画と旅行商品

 ニュー・ジュールチンは、インバウンドとアウトバウンド、大型イベント企画の方向で事業展開。主力はインバウンドであるのは、言うまでもない。体制転換後、平原の国が一気に脚光を浴びることとなったものの、「遠い、高い、不便」な国と言われ、モンゴルへのインバウンドは大きく伸びることはなかった。国は、観光立国を重要な政策の一つに掲げ、ビザ要件の緩和、観光スポットの整備、サービスの質の向上をはじめとした事業を展開。
 モンゴルへのインバウンドは年間およそ1万人の規模。同社は、安心、安全、信頼を念頭に肌で感じるモンゴルをコンセプトにインバウンド事業を展開。大自然と触れ合いながら、モンゴルの素朴な暮らしを経験し、「モンゴルならでは」の体験を商品として作った。
 
 一方、海外旅行は、目的に特化した旅行(SIT)やアジアやヨーロッパ旅行、チャッター便の旅行等の商品がある。特に、スポーツ観戦ツアーを目的に特化した旅行が多い。2004年のアテネ五輪、2006年のトリノ冬季五輪、2008年の北京五輪、2010年のバンクーバー冬季五輪、2012年のロンドン五輪、2014年のソチ冬季五輪、サッカーWカップ・南アフリカ大会、ブラジル大会、ロシア大会等の国際スポーツ大会観戦ツアーを企画。また、2011年~17年の間、中国・海南、シンガポール、ドバイ、タイ、ベトナム、日本等の国々と地域へチャッター便の旅行を実施。今度、キューバ、アフリカ、フランス、イタリア、トルコ、フィンランドといった国と地域への旅行を企画している。同社が手掛けるもう一つは大型イベント企画である。第25回国際詩人会議、第9回と第10回国際モンゴル学会会合、柔道北東アジア選手権大会、第5回北東アジア・ツーリズ産業フォーラム、国際牧畜マネジメント会議、万国郵便連合理事会、第54回アジア太平洋地域民間航空社会合等の大型イベントを実施し、成功を収めた。


社会貢献
 ニュー・ジュールチンは、地元民へ支援、自然環境保護、持続可能な開発目標の達成へ大いに貢献。地元民を雇用して植林や乳製品の製造、牧畜業、伝統文化との触れ合い、伝統工芸に関するプロジェクトを自ら経営するキャンプ地で推進している。また、モンゴルでしか生息していないマザーライ(ゴビ熊)の保護や繁殖活動のための「マザーライ保護基金」を運営している。