国際バレエコンクール、 優勝者を発表

カルチャー
naranchimeg@montsame.mn
2018-06-07 14:13:48
 5月30日~6月1日、第1回の「モンゴリア・国際バレエコンクール」が国立オペラ・バレエ劇場で開催された。国際コンクールでは、7カ国、80名のダンサーが出席した。
 
 モンゴルのバレエ開発基金の創設者、文化特使、文化芸術功労者のD.アルタンフヤグ氏は、「バレエは500年の歴史を持っています。
 モンゴルのバレエは60年の歴史しかありませんが、バレエダンサーは世界レベルで高く評価されています。近年、アジア諸国は、音楽、舞踊、絵画などの古典芸術を発展させ、早くからアーティストを準備しています。モンゴルは未来世代を同じように育成すべきです」と強調した。ベストオブザベストダンサーはモンゴルのO.アノジンさんが選ばれた。
 19~29歳のシニアカテゴリでは、男子部門でロシアのブリヤート共和国のティムル・ディムチコブダンサー、女子部門で日本の佐々木まなダンサーが優勝した。15~18歳のジュニアカテゴリでは、男子部門でモンゴルのO.ダワードルジダンサー、女子部門でモンゴルのB.マラルダンサーが優勝した。
 同コンクールの審査委員会はモンゴル国民芸術、文化芸術功労者、バレエマスターのB.ジャミヤンダグバ氏が率いられ、審査員は、中国、ロシア、日本、韓国、カザフスタン、シンガポール、ドイツの国際的に有名な専門家であったという。

関連ニュース