フレルスフ大統領:2030年までモンゴルは温室効果ガス排出量を22.7%削減

10億本の植林
bolormaa@montsame.gov.mn
2022-03-29 16:57:38

来月7日と8日に開催される「モンゴル経済フォーラム2022」に向けて行われている最終の一般討論会は「グリーン融資・地域と地方再生」をテーマで329日と30日に政府庁舎で開催されている。

討論会を開幕し、オフナー・フレルスフ大統領が「過去170年間で、世界の地表温度は1.09%上昇し、生物多様性は絶滅の危機にさらされている。モンゴルは世界の温室効果ガスの0.1%を排出しているが、気候変動の影響を最も受けている一国である。

 たとえば、過去80年間モンゴルの平均気温は2.25%上昇している。これは、世界平均より2倍です。全国土の76.9%、つまり12000万㌶地で砂漠化が進行し、全国土の半分ぐらい深刻化している」と述べ、2030年までモンゴルは温室効果ガス排出量を22.7%削減を目標を立てていると強調した。 

オフナー・フレルスフ大統領の創案により開催されている同討論会では、自然環境、グリーン融資を協議するほか持続可能な融資ロードマップを採択する。また、気候変動、「10億本の植林」全国運動を支持し参加する融資機関と一流企業に対し証明書が授与される。 そのほか、気候変動の緩和、砂漠化、砂嵐対策の地方の呼びかけ、共同事業案が作成される。討論会からの提案などをモンゴル経済フォーラム2022に提出する。