おめでとう、若き法曹たちよ!

社会
naranchimeg@montsame.mn
2018-12-07 10:11:05

 12月1、2日、東京・上智大学で行われた仲裁・交渉を巡る第17回の大学対抗戦「インターカレッジ・ネゴシエーション・コンペティション」において、モンゴル国立大学法学部と同学部名古屋大学日本法教育研究センターの学生から構成されたモンゴルの代表2チームが、名門の東北大学、明治大学、一橋大学などの有力校を抑え、第7位(299.75点)で入賞した。国立大の参加は昨年に続き2回目だ。仲裁・交渉の大学対抗戦は、1日目には模擬仲裁、2日目には模擬交渉を行い、その総合得点で競う。今年は、23校の58チームが参戦し、上位大学は、オーストラリア大学が1位(318.25点)、シンガポール国立大学が2位(306.5点)、東京大学が3位(306.25点)、大阪大学が4位(303点)、上智大学が5位(301.625点)、京都大学が6位(301.5点)、次にモンゴル国立大学の順位となった。

関連ニュース