エルデネス・タワントルゴイの中間決算純利益が3733億MNT

経済
naranchimeg199@gmail.com
2018-08-02 12:53:21
 エルデネス・タワントルゴイ社(ETT)は30日、今年度の中間決算を発表し、純利益がおよそ3733億トゥグルグに達したことを明らかにした。ETTは、今期も石炭輸出が堅調で、輸出量はおよそ690万㌧に上り、その額は約9630トゥグルグだ。今年度の売り上げ目標の78%を今期で達成した、と記者会見に臨んだB.ガンホヤグETT社長が語り、ETTによる納税額は約2165億トゥグルグ、とした。ガンホヤグ社長は記者会見で、石炭取引相手の中国系チャルコ・トレーニング・ホンコン社との取引契約を改める考えを示し、「固定価格を1㌧当たり61米㌦にする」とした。同氏は「価格下落の影響を最小限に抑えるが、61米㌦より上昇した場合、上昇額で の取引になる」と強調した。さらに、「バローンツァンヒ 炭鉱に関して、石炭1㌧当た りを70米㌦で売買する」と語った。 ガンホヤグ社長は、従業員 に対して手厚い配慮を行っているとし、基本給を平均 21%アップ、深夜手当を15 %上げ、売上還元を強調した。ETTは「ただし、国民の約250万人が株主のエルデネ ス・タワントルゴイ社の経営が順調だが、株式に関する口座開設が思う程行われず、今期約400人が新規口座開設を 行った」とし、国民に対して 積極的な行動を呼び掛けた。
 
関連ニュース