エルデネト工場権益取得問題、 資金調達の仕組み等を明かす

政治
naranchimeg199@gmail.com
2019-03-11 16:47:16

 ロブサンナムサライ・オユンエルデネ内閣官房長官らは4日、エルデネト工場の権益不正取得問題を巡って機密解除を踏み切った先月27日の閣議決定に続き、モンゴリアン・カッパー・コーポレーション(通称:モンゴリーン・ゼス)社が資金調達の仕組みと経緯などを明かし、公的資金の流用と資金洗浄の可能性を示唆した。

 オユンエルデネ内閣官房長官らは記者会見で、モンゴル銀行やモンゴル開発銀行などを通じておよそ2億9000万米㌦(購入価額の72.4%に匹敵)の公的資金が流用された可能性があるとした。さらに、モンゴル銀行が違法的に民間へ巨額な貸出をしたことを明らかにした。また、複数企業の金融機関口座を利用して送金を繰り返すなど、資金洗浄の疑いがあると主張した。

関連ニュース