飲料メーカー・アポ、 約300億トゥグルグを設備投資

経済
naranchimeg199@gmail.com
2019-03-18 10:34:22

 国内大手飲料メーカー・アポ社が本年におよそ300億トゥグルグの設備投資を行う方針を発表した。発表では、投資は生産ライン拡大と水再生のための設備納入に充てるとされた。

 アポ社は、事業年度の輸出売上高を3、4倍に増す方針で、営業売上高における輸出割合を大

きくする計画。昨年、ロシアや中国向け輸出の拡大を図った。本年は消費ニーズの類似などの点からロシア向け輸出に注力するという。主力商品を原価が高く競争力が見込めない一般製品から、高付加価値の高級品にシフトさせる。また、中国のビール市場で自社商品が競争できるという見込み。欧米向け輸出も検討中だという。

関連ニュース