租税・税制関連法 22日の本会議を通過

経済
naranchimeg199@gmail.com
2019-04-02 09:09:27

政府・与党が税制改革として打ち出してその成立に力をあげていた「租税法の改正法案」は22日、本会議での最終審議入りとなり、賛成多数で可決された。税制改革は、租税法の改正とその関連法律となる「法人税」や「個人所得課税法」の改正法案である。政府は、2006年以降のモンゴル経済を取り巻く環境の変化とその対応、多国籍企業の登場と租税回避を巡る税務係争の発生、欧州連合委員会によるタックスヘイブン指定などを動機に税制改革を実施。改正原案は、経済成長・ビジネス環境の整備、課税簡素化、税務職員の責任向上、租税回避防止を主柱に昨年5月、国会へ上程された。 改正租税法では、主に以下が盛り込ま れた。


関連ニュース