新内閣が決定、「文化省」が新たに発足

政治
gombosuren0625@gmail.com
2020-07-10 11:03:19

 7月6日の国会本会議では内閣の組織法改正案と関係法案を審議し採択した。

 オフナー・フレルスフ首相は憲法の第39条3の規定に基づき、大統領との協議の上、内閣の組織法改正法案と関係法案を国会に提出した。

 新内閣は14省17人の大臣から構成されている。従来の教育・文化・科学・スポーツ省を文化及び科学教育分野に対する政策を効率的に実施し、文化の貴重な遺産の復元制度を整え、科学イノベーションの計画事業を正当に組織する目的で文化省と教育科学省に二分した。なお、国民の体育普及、宣伝、運動により健康化する必要性に基づき、スポーツ政策調整を政府の実施エージェンシーの体育スポーツ委員会が担当することになった。内閣組織法では調整エージェンシーとなる12庁、実施エージェンシーとなる23庁から成り立つ。フレルスフ内閣は来年大気汚染を80%削減すると計画し、全大臣の役割に大気汚染対策事業を取り入れている。

 14省には

- 自然環境観光省

- 防衛省

- 外務省

- 財務省

- 法務・内務省

- 労働・社会福祉省

- 建築・都市計画省

- 教育・科学省

- 道路・運輸開発省

- 文化省

- 鉱業・重工業省

- 食糧・農牧業・軽工業省

- エネルギー省

- 保健省


関連ニュース