モンゴルの学者らがコロナ抗体 検査キット開発に成功

教育
gombosuren0625@gmail.com
2020-09-16 18:09:18

 モンゴルの学者らが協力し、新型コロナウィルス完治者の血液の中にコロナウイルスに対する抗体の有無、免疫があるかどうかを調べる検査キット開発に成功した。このキットは現在、モンゴルで使用されている抗体検査キットとの違いや開発の準備や流れなどについて科学アカデミー・基礎生物学研究所の学者Ts.オユンスレルさんにインタビューした。

 ――抗体検査キット開発の流れについては?

 わがアカデミーの生物学研究所の基礎生物学研究所、国家感染症センターのウイルス研究所、及びモンゴル国立大学の生物学部の科学者たちが協力し、今年の4月に抗体検査キット開発のプロジェクトを作り、関連省庁に紹介しました。教育・科学省、保健省、科学アカデミー、科学技術基金はこの提案を快く支援し、できる限りの資金援助を提供してくれたおかげでキット開発に成功しました。キット開発には遺伝子工学、分子生物学、免疫学、および生化学的方法を使用したことが革新的です。

 ―― このキットを数ヶ月内に開発しましたね。以前、モンゴルの学者たちがこのようなキットを開発したことがありますか。

 我々は詳細な計画を立て、3ヵ月の期間でほぼ毎日、24時間働いてこのキットを開発しました。以前、私たちの基礎生物学研究所では、肝ガンになった人の血液中に含まれるアルファ・フォトプロテインというタンパク質を定量する診断キットを作ったことがあります。現在、それは知的財産権を得ています。

 ――新検査キットの承認はどこで取りますか。

 知的財産権を取得してから、関連の機関がチェックし、保健省が承認すると思います。

 ――このキットを数多く生産し、国内の需要を満たすために直面している問題は何ですか。資金調達をどのように解決しますか。

 資金問題に直面しています。最近、我々の仕事を支援し、教育・科学省、保健省、科学アカデミーが合同会議を行いました。そして、生産に必要な資金に関する手続きを関連省に提出しました。

 ――このキットは現在、モンゴルで使われている抗体検査キットと新キットはどう違いますか。

 現在、わが国は他国と同様に、コロナウィルスを診断するために、コロナウィルスの抗体検査キットとPCR診断を行っています。一方、我々が作った検査キットはヒトの全血、血清、および血漿中にコロナウイルスに対する抗体が作られ、免疫がついたかどうかを調べることができます。また、コロナウイルス感染の進行状況と治療結果の監視、無症状での感染者の検出、感染リスクの高い人に免疫がついたかを調べることに意義があります。キットの品質については国際基準に合っていますが、値段はまだ未定です。

 ――何人を対象にこのキットをテストしてみたのですか。

 このキットのモデルを使用し、国立感染症センターでコロナウィルスの治療を受け、完治した10人の血液サンプルを検査してみましたところ、結果が良かったです。現在、100人を対象に検査を行なう準備を進めています。

 ――海外へ輸出する計画がありますか。

 生産の資金が解決されれば、これについて考えます。

 ――ありがとうございます。今後の活躍を期待しています。


関連ニュース