自然環境観光大臣のオルトナサン氏が解任、後任にバトエルデネ氏が就任

政治
bolormaa@montsame.gov.mn
2022-01-24 09:40:29


首都ウランバートルの 大気汚染が深刻化を増す中、1月17日に臨時閣議が開かれ、自然環境観光大臣を務めていたニャムジャブ・ オルトナサン氏、副大臣の ツェレンドルジ・バトバヤル氏、事務次官のD.ガンボルド氏らが責任追及により解任された。そのほか、ロブサンナムスライ・オユンエルデネ首相がドルゴルスレン・スミヤバザル首都知事兼ウランバートル市長に大気汚染担当局長及び専門家に対し責任を追及するよう指示した。 

18日の通常国会で、後任の閣僚・自然環境観光 大臣に指名されたバトウルジー・バトエルデネ氏が宣誓式を挙げ、正式に就任した。モンゴル国憲法には「 閣僚を国会及び大統領に紹介してから、首相が解任と任命をする」と規定されている。 


関連ニュース