農学博士エルデネチメグ・アマル氏:羊のオルホン品種開発の76周年を記念、長年の研究成果を結晶

経済
dashtseren@montsame.gov.mn
2019-05-14 20:12:53

テゾロ・フロレアレ- 着心地が良い-自然に優し い-希少性がある-


今から76年前のモンゴル(モンゴル人民共和国)の政府指示で、羊のオルホン品種が始まった。アマル博士の祖父が率いる研究チームが、16年間にわたる作業の末、その研究活動の結晶としてようやく高級ブランド羊毛品の原料となる食肉・羊毛、セミファイン羊毛のオルホン品種の改良・開発に成功した。 セミファイン羊毛とは、他のモンゴルの在来種の羊毛より細く、これで作られた製品が柔らかくて肌触りがよいという特徴がある。 アマル氏らは自然に優しく、持続可能で、後世に受け継がれるような製品づくりとサービスを精神に、羊のオルホン品種に関して飼育・管理を行っている。このオルホン品種は、アマル氏ら一家が開発した牧草のマンダル品種により飼育が徹底されている。マンダル品種の開発は、35年間の研究を要した膨大な仕事であった。マンダル品種は多年草で、その寿命はおよそ25年~30年間である。その特徴は、どのような土でも生育可能と乾燥に非常に強いことである。



アマル氏らは、徹底した飼育管理を行い、自ら毛刈りや水洗い、毛糸の糸紡ぎまで一貫して行っている。また、このオルホン品種の上等な毛糸を使って「テゾロ・フロレアレ」というブランド名の下で、着心地の良い、自然に優しい希少な製品を生産し、その発売を始めた。テゾロとは宝という意味で、アマル氏の母の名前から由来したという。


テゾロ・フロレアレ・ソック ス-オリジナルスタンダード 

テゾロ・フロレアレ・ソックスは、わずか390足しか生産されていない。極めて希少なもの。ビジネスシューズやブーツ、スニーカー、トレッキングブーツなど、どんなスタイルの靴にも合い、発汗性と保温性に優れ、無臭性があり、足ずれしなくて、5日間 履きつづけても、いいように作られたもの。さらに、染毛されておらず、100%オルホン羊の羊毛であるため、アレルギー誘発性がない。靴下一足ずつシリアルナンバーがあり、これがトレサビリティを保証するものとなる。


重量:70グラム 
 色:原毛のオリジナル カラー・パールホワイ ト
サイズ:36-37と40-41

テゾロ・フロレアレ・プレ イ-ド-スーパープレイ―ド
とても暖かくて着心地が良いこの製品はたった28着しか生産せれていない希少品だ。これは、保温性が優れたため、寒い自宅や事務室、旅先でも、トレッキングやピクニックの時でも使える。また、冬の寒い時もマフラーとしても使える。軽くて、収納性に優れているためリュックやカバンに入れていつでも携帯できる。手作業による加工がほどかされているため、汚れにくく、長くその性質が保たれる。 


重量:700グラム
色:原毛のオリジナル カラー・パールホワイ ト
サイズ:112*208 sm 




 


関連ニュース