電子開発通信省は、UNDPとの 覚書に署名

社会
ariuntsetseg@montsame.gov.mn
2022-04-15 16:49:02

4月12日、バタツェンゲル・ボロルエルデネ電子開発通信省国務次官は、エライナ・コンキエヴィチ国連開発計画(UNDP)モンゴル事務所所長と国民の情報通信技術に関わる能力向上に向けての覚書に署名した。同覚書は、国民のデジタルリテラシー能力向上、インターネットの適切な利用、障害者を含む弱者の情報へのアクセス性を改善し、現状と直面する課題に関わる調査とその解決と改善に関わるプロジェクトとプログラムを実施する。弱者のデジタルリテラシースキルの向上に関わるプログラムのモンゴルにおける適用性に関する比較研究を実施する。同省の挙げる「e-Nation中期政策戦略」はデジタル・インフラ整備、e-Government、サイバーセキュリティ、デジタルリテラシー教育、デジタルコンテンツ制作及び国家開発促進の6つの目標から構成されるが、デジタルリテラシー教育、情報へアクセスの増加の一環でUNDPと協力する。UNDPは、モンゴルの行政の電子移行を支援することで今後の発展及び開発を促進することを目指すという。特に、2030年までに全国民がインターネットにアクセス出来るための人権を尊重する安全なインターネット環境の構築に焦点を当てる。UNDPは今後は同省デジタル戦略の一環で、貧困削減と自然災害対策としてデジタル技術の研究、その普及を通じて効果を発揮するという。

コメント