フシギーン・フンティ経済自由特区に関する決議案を提出

政治
bolormaa@montsame.gov.mn
2022-01-24 09:40:41

今月14日、サインホヤン・アマルサイハン副首相は「フシキーン・フンティ経済自由特区の設置に関する」決議案をコンホジャブ・ザンダンシャタル国会議長に提出した。同決議案にはトゥブ県セルゲレン郡チンキスハーン国際空港を拠点に経済自由特区を開発する詳細について記述されている。経済自由特区の土地面積は1000㌶として土地の位置を承認、境界の終点と転換点の座標を附帯決議案に提示ことをも含めて提出。

同経済自由特区の開発により、

·         遊牧民の文化的価値を介した持続可能な観光産業、リソート、創造的な文化産業を拠点にした貿易、国際銀行および金融センターを設置

·         科学、先端技術、人工知能に基づく輸出志向型の生産およびイノベーションソーンの確立

·         アジアとヨーロッパを結ぶ有益な地理的位置の機会を利用し、流通網の整備を通じて貿易と輸送を促進し「トランジット・モンゴル」ロジスティックネットワークを形成する。これらにより、政府は資源の依存からの脱却と経済多角化を図れると見込んでいる。

関連ニュース