自然環境・観光副大臣、オゾン保護条約会議に出席

社会
d@yahoo.com
2018-11-16 10:00:39

 エクアドル・キト市で5日~9日にかけて、「オゾン層を保護するウィーン条約・モントリオール議定書の第30回会議」が開催され、197カ国の代表がし参加した。モンゴルからはTs.バトバヤル自然環境・観光副大臣が出席した。会議では、地球に起こっているエコロジーで重要な問題の一つオゾン層の保護、および地球温暖化の原因となるフルオロカーボンの使用を削減するための対策について議論した。一方、バトバヤル自然環境・観光副大臣がモンゴルのオゾン層保護政策の成果、将来の動向を発表した。またモントリオール議定書のキガリ改正案に参加する意向を表明した。


関連ニュース