オリンピック大会初のメダル獲得50周年記念日コイン発行

スポーツ
d@yahoo.com
2018-10-25 11:40:03

 1968年、メキシコのメヒコ市で第19回のオリンピック大会が開催され、モンゴ ル代表の16選手が出場した。10月20日、レスリングの種目でCh.ダムディンシャラフ選手、D.セレーテル選手、T.アルタグ選手がそれぞれ銅メダル、J.バトムンフ選手が銀メダルを獲得し、モンゴルの最初のオリンピックのメダリストとなった。これを契機に、モンゴルの選手らはオリンピック大会から2個の金、10個の銀、14個の銅、総計26個のメダルを獲得し、成功を果たした。今年、オリンピック大会からモンゴル人がメダルを獲得した50周年を記念し、初のメダリストのための記念コインが発行された。また「スポーツと開発」体育、スポーツ分野の国内第4回の相談会が行われた。

関連ニュース