国会議長、高岡大使と会談 「令和時代は両国関係があらゆる内容と形で発展する」

政治
dashtseren@montsame.gov.mn
2019-05-17 10:09:24

 ゴンボジャブ・ザンダンシャタル国会議長は5月13日、高岡正人在モンゴル日本国特命全権大使を政府庁舎に迎え、二国間関係等について意見交換をした。

 冒頭で、高岡大使はザンダンシャタル議長就任への祝辞を述べるとともに、「日本においては、新天皇陛下が即位され、令和の時代が幕を開けました。平成時代はモンゴル民主化と重なっており、その間、両国関係は戦略的パートナーシップまでに発展しました」と語った。ザンダン シャタル議長は、高岡大使の言葉に賛同し、「民主化及び体制変換という困難な時代に日本国及び日本人はモンゴルを心から支えたことへいつも感謝している」と述べた。

 両氏は 令和時代に両国関係は、平成時代よりあらゆる内容と形で発展していくことを確認した。 

関連ニュース