「ママ」センター開設

社会
gombosuren0625@gmail.com
2020-09-28 18:04:01

 モンゴルでは出産率が年々増加している。わが国では年間平均8万人余りの女性が出産し、その約5割はウランバートル市に住んでいる。近年、出産している母親の約9割は35歳未満の女性であり、キャリアを積む、働き盛りの年齢で子どもを産んでいるのが調査によりわかる。特に、首都圏では0歳~2歳児への保育園、幼稚園が少なく、母親は自己啓発に時間がかかる、仕事したり、社会参加を促進したりする機会が少ない。これらの課題を解決するために、モンゴルテレビ局のアナウンサーD.オドザヤさんは「ママ」センターを設立した。「ママ」センターはプロのベビーシッターがいる部屋、子ども用のプレイルーム、図書館、会議室、トレーニング室から構成される。

 同センターはプロのベビーシッターに子どもを預け、英語と中国語のコース、フィットネス、ヨガクラス、ドライビングコース、自己啓発トレーニングなどに参加し、新しいママ友を作る、経験を共有できるモンゴル初の母親向けのセンターである。



関連ニュース