バトザヤ写真家:馬に乗ってイーグルを抱くカザフ人とアルタイ山脈は完璧なツーショット

特集
gombosuren0625@gmail.com
2020-08-10 17:01:22

 モンゴルのカザフ族は今日まで古代のワシで狩猟技術を活かしている世界でも数少ない国の一つだ。モンゴルのイーグルハンティングと「ゴールデンイーグルフェスティバル」は、モンゴルに来る外国人旅行者にとって大きな魅力となっている。写真を通じて、カザフ人の独特の伝統を国内外に広めてきた写真家のch.バトザヤさんに鷲狩り文化についての経験などについてインタビューした。

――まず、写真家になった経緯について。写真の仕事を始めたのはいつ頃からですか?

 私はザブハン県の生まれ。1998年にツアーガイドとして働き始めました。ですから観光業界で働く人々の写真への関心とスキルが必要です。まず、会社のウェブページと案内でモンゴルの写真が必要なとき、モンゴル国内を旅行した友人や外国人観光客に尋ねる必要もありました。でも、その写真の画質や話しの内容に関しては期待に応えられない場合が多かったのです。そこで、私は西アフリカのサハラ砂漠を旅して、持参したコンパクトカメラを使ってたくさんの素晴らしい写真を撮りました。私の家族や友人からこれらの写真に与えられた褒め言葉が、もっと写真を撮り続けるきっかけとなりました。近年ソーシャルメディアプラットフォームが広く使用されていることは、写真家が作品を宣伝して成長するのに役立っています。仕事で始めたことが趣味になりました。私は自分が写真に恋をした人だと言っています。

――どのような写真を撮りますか?

 最初は自然の風景写真を撮っていたので、写真について学ぶのに役立ちました。その後、タイガでの生活など、旅行や生活の写真を中心に、テーマ別の写真を撮り始めました。過去数年間、私は野生生物の写真を撮ってきました。野生生物の写真は勇気、決断力、労力、コストがかかるため簡単なジャンルではありません。例えば、私は動物の足跡を探し、彼らの生活を研究して、昨年6回もバヤンウルギー県に旅行しました。私の旅行の多くが失敗したという事実にもかかわらず、私は動物だけでなく、自然の風景全体、家畜の生活と周辺地域を文章化することに成功しました。非常に珍しいユキヒョウの写真を撮ったことは本当に嬉しいです。


 ――ソーシャルメディアに投稿された写真の中から、カザフ族のアイドルであるワシの写真を多数見つけました。なぜこのテーマを選んだのですか?

 世界の国々は、独自性と国民的アイデンティティーを利用して、自分自身を宣伝し、他の人々の注意を惹くます。外国人は、モンゴルの美しい自然だけでなく、モンゴル遊牧民の神秘的なアイデンティティー、つまり荒野の暮らしに大きな関心を持っています。そのため、私は自国の特徴の一つである『イーグル』と呼ぶ私の写真シリーズのために写真を撮っています。私はこの10年間、イーグル、イーグルハンター、イーグルフェスティバルのスナップを撮り、それらの人々の生活の変化を目の当たりにしています。彼らの顔がどのように変化したか、そして過去10年間の彼らの人生の物語は私のコンピューターに保存されています。

 ――多くの人々が現在イーグル写真を撮っています。他の写真家にはない特徴は何ですか?

もちろん、最近はたくさんの写真家がいます。時々私たちはお互いの写真を見て、それらがどれほど美しいかを見ます。旅行中、写真を撮って他の人と共有し、コンテストに出します。観光業員としてカザフ人の親しい友人がたくさんいます。モンゴルに旅行するかなりの数の観光客がモンゴルの西アルタイ地域を訪れ、カザフ人の生活、文化、伝統を体験します。カザフスタンの人々は鷹狩りの素晴らしい伝統をよく保存しているなと思います。イーグルを抱いて馬に乗ったカザフ人とアルタイのそびえ立つ山々は完璧な組み合わせです。ワシとそのハンターが彼らに適した好ましい環境で生活している地域が一つの利点です。それを意識して私は写真を撮っています。


 ――写真で伝えたいメッセージは何ですか?

 モンゴルは多くの民族があり、独自の特質と貴重な歴史と文化を持っています。カザフ人とそのワシもその一つです。私はこの素晴らしい文化を発展させ、保存するのに、観光業界で働いている者として、また写真家として貢献したいと思っています。この一瞬をとおして、「イーグルフェスティバル」やイーグルハンティングカルチャーが世界に注目を集める上で重要な役割を果たした女性イーグルハンターのオイショルパンさんに拍手を送りたいと思います。バヤンウルギー県の観光客のほとんどは、アイショルパンさんの家とワシの狩猟文化を見に来る人々であることは確かです。私たちがこの文化と伝統を宣伝することに成功できれば、多くの人々が私たちの国にもっと魅了されるでしょう。

――ワシについての写真は海外のメディアに掲載されましたか?

 私が撮った数十枚のワシの写真は外国のメディアから出版されました。2015年に撮影した最初のワシの写真の一部は、デイリーニュース、テレグラフ、ヤフーニュースなどの多くの外国の新聞やウェブページに掲載されました。最近では、アサルベク鷲狩人の写真が機内の表紙に掲載されました。世界最大の航空会社の一つであるルフトハンザの雑誌に2019年12月にイーグルに関する他の10枚以上の写真と記事が掲載されています。

――バヤンウルギー県の地元の人々と密接に協力している人として、そこで観光産業を発展させるにはどのような要素が必要と思いますか?

 アルタイ山脈とカザフ人のユニークな文化を備えたバヤンウルギー県は、モンゴルの旅程では必見です。離れた場所にあるため、インフラに関していくつかの問題があります。同県に向かう観光客の増加に続いて、この地域のホスピタリティー業界が広がっています。さらに、「イーグルフェスティバル」はすでに成長し、この地域への外国人観光客の大きな魅力となっています。しかし、サービスの品質と管理はもっと改善し、国内および外国の観光客に対応するために観光業界で必要な基準を導入することは不可欠だと考えています。

――ありがとうございます。



本紙・国営モンツァメ通信社記者U.ノルボルト

関連ニュース