観光客が訪れるべき10ヶ国リストに、モンゴル掲載

特集
naranchimeg199@gmail.com
2019-01-11 09:52:11

 アメリカの経済誌フォーブスが2019年に「観光客が訪れるべき10ヶ国リスト」を発表し、そのなかに、モンゴルが含まれた。

過去2017年には、国連世界観光機関(UNWTO)が観光セクターを世界第3位の輸出カテゴリーに指定した。その年、モンゴルには年間54 2000人の外国人観光客が訪れ、そのうち469300人が観光客だった。UNWTOによると、2017年の観光客数は2016年と比較して16.1%増加したため、モンゴルは観光収入で主要国の1つと見なされている。

 フォーブス誌が発表した「2019年に観光客が訪れるべき10ヶ国リスト」には、モンゴルの他にブータン、コロンビア、メキシコ、エチオピア、ポルトガル、マダカスカル、パキスタン、ルワンダ、トルコが上がっている。2019年にフォーブスが訪問すべきトップ10カ国にリストされていること以外に、モンゴルはインサイダーによって最もユニークな新婚旅行の目的地の1つとしてもリストされている。

関連ニュース