スーツ縫製「アヤ」ブランドのマネージャーテルゲル氏: 「アヤ」ブランドは世界市場への進出を目指している

特集
gombosuren0625@gmail.com
2021-06-04 10:39:16

 世界の市場で競争できる高品質で、高級スーツの製作がモンゴルで始まった。「アヤ」ブランドは世界中から高評価を受けるイギリスとイタリアの伝統的な裁縫技術を活用したハンドメイドスーツを縫製している。2020年に同ブランドのスーツ製作が始まる時、コロナ禍の困難な時期が重なったにも関わらず、国内の市場で知られた。これで“アヤ・エンタープライス”社のプロジェクトマネージャーO.テルゲル氏に「アヤ」ブランドについてインタ ビューした。

 ――市場では多くの種類の服ブランドがあります。スーツ製作だけを目指した理由は何でしょうか。

 弊社は2017年に設立されました。当時、カシミア製品を海外に輸出していました。スーツだけを作ろうとした理由は弊社がカシミア製品を輸出する外国カシミア企業から貴社は「付加価値付けの製品を作りますか」との質問がありました。しかし、当時は弊社にはカシミア服を直接作って輸出する余裕はなかったのです。服装のテスト製作を昨年5月まで実施しました。イギリスの裁縫技術を活用したスーツを作るため、数多くの試験を実施した結果、昨年10月に工場が出来上がりました。

 一方、ファション業界で多量に作られるスーツをイギリスの伝統的な裁縫技術で作るのは、モンゴル産のカシミアスーツが世界市場で競争するチャンスだと見ました。我々は世界市場への進出を目指して「アヤ」ブランドを立ち上げました。現時点、国内市場への販売が既に始まりました。将来、国内のテイラーブランドやスーツ販売店に製品を導入する、輸入スーツを代替する、世界の国々で店を開 く予定です。

 ――近年、国内では数多くのブランドが展開されています。従い、ブランドの競争力と製品の質が向上していると思います。「アヤ」ブランドの他のスーツブランドと異なる特徴は何ですか

 我がブランドの主な特徴はスーツを作る時、接着剤を使用しないことです。その代わり、馬のたてがみと尾による硬い素材を使います。だから、裁縫機械で縫うことが出来なく、手で縫製するため、何日がかかります。このような方法を使用している理由はスーツの耐久性を上げ、1、2年間着て捨てるのではなく、10、20年間着る機会を与えることです。

 ――スーツの素材をどこで購入しますか

 イギリス、イタリアからの贅沢な素材を使用しています。我々が使っている素材は自然と動物に優しい素材です。素材の供給会社らは、ISO14001(環境マネジメ ントシステム)など、関連の国際認証を取得しており、再 生エネルギー消費基準をきちんと守っています。さらに、 ボタンと内部の素材を日本から購入しています。これはナノテクノロジーで長年間製作した高品質の素材です。スーツを着る時、汗が出る問題を解決するため、スーツ内部の素材は高品質ではなければなりません。世界市場への進出を目指しているため、素材の質により注意を払っています。また、我がブランドの縫製によるスーツに10年~15年の保証を付けます。

 ――「アヤ」ブランドは2種のスーツを製作していますね。この2種の違いは何でしょうか。

 2種のブランドスーツの製作を目指しています。1つ目は「 アヤ」スーツ、2つ目は「ウィクトル」スーツ。「アヤ」 スーツは消費者の注文に応じて、注文者でけのために縫製されるハンドメイドスーツです。一方、「ウィクトル」については質の良い素材を使用して製作されるフル、セミキャンバス・スーツです。

 ――スーツの需要はどうですか。高価格の製品を買わないという傾向もありますね

 スーツは日常服装の1つです。特に、最近、スーツを着ようとする人々が増えています。品質の良い服装を購入するのは、自分自身に投資をしていることだと思います。値段が安くて、質の悪い服装を買うと、1年も経っていないうち、また、新しい服を買う 必要が生じます。一方、高くて、質のいい服をより長く着ることができます。

――コロナ禍の影響で、数多くの企業が倒産しました。 貴社にコロナ禍はどれくらい影響を及ばしたのですか。

 素材の輸入に結構時間がかかっています。我がブランドは新しくできたブランドなので、従業員たちの能力向上、 製造の安定化等の課題が発生しました。コロナによる困難な状況に負けず、従業員たちの給料を支給し、雇用を維持できました。

 ――今後、スーツだけではなく、ネクタイ、ハンカチ等の小物を製造する予定がありますね。小物の製造はいつから始まるのですか。

 我がブランドは将来、スーツの小物とブーツを製造する目標を立てています。これに関する準備が始まりましたが、現在、スーツの縫製だけに注力しています。

 ――「アヤ」ブランドで何人が務めていますか。

 合計12人が務めています。もうすぐ始まる大量生産により新たに8人の裁縫師を雇用する予定です。我がブランドの従業員、裁縫師らの能力が非常に高いです。また、この人々の知識を次世代へ継承するため、若者たちを選定し、教えています。そのため、ビジネスではなく、スーツ縫製の発展にも貢献をしていると思います。

 ――「アヤ」ブランドが世 界市場で輝く特徴は何だと思いますか。

 我がブランドはカシミア企業と協力して、最も薄いカシミアと他の素材を購入し、スーツを縫製するため、努力しています。モンゴルのホワイトゴールドというとカシミアだと言えます。カシミアでス ーツを製作し、世界市場へ上場することは第一目標です。そのため、国内のスーツ需要を供給できる、国民は国内でスーツを購入するようになる必要があります。今後、韓国市場を狙っています。

 ――ありがとうございました。今後の活躍を期待しております。

情報源:Itoim.mn



関連ニュース