プロジェクトコーディネーターTs.エンフアムガラン氏:モンゴル産の天然皮革サッカーボール、外国からの注文が来ています

特集
gombosuren0625@gmail.com
2021-09-27 09:36:51

 スイス開発協力庁(SDC)が食糧・農牧業・軽工業省との共同で、17年間モンゴルで実施したプロジェクト「グリーンゴールド・家畜の健康」が今月で終了する。このプロジェクトの成果について同プロジェクトのコーディネーターTs.エンフアムガラン氏に聞いた。 

 ――「グリーンゴール ド・家畜の健康」プロジ ェクトは今月で終了し、食糧・農牧業・軽工業省に引き渡された。このプロジェクトの成果は?

 このプロジェクトを実施したおかげで、牧草地利用に対する遊牧民の態度が変わったと思います。つまり、遊牧民は草地に対して責任を持って利用することの大切さを理解できました。その他、国際的に認められた方法でモンゴルおける草地の状態変化、砂漠化の状態を特定できるようになりました。最後に、遊牧畜産業の特徴を表す「遊牧畜産業の持続可能な基準」を世界市場に導入しました。モンゴルでは、家畜由来の製品生産過程の基準がこれまでなかったのです。

 ――この基準の特徴は何でしょうか?

 「遊牧畜産業の持続可能な基準」が設けられた結果、畜産物が安全な牧草地から由来するか、自然環境に優しいかどうか、 遊牧民が責任を持って生産したか、遊牧民から工場までどんなプロセスを踏んだかがわかるようになります。世界の数多くの国々が持続可能な基準を設けています。同じように、モンゴルも遊牧畜産国としてこんな基準を設ける必要がありました。外国の起業家、学者、農業専門家に面談する時、「畜産業のモンゴル国だからこそこの基準を設ける事が出来るはずです」とよく言われます。これをきっかけに精一杯頑張りました。この基準を「グリーンゴー ルド・家畜の健康」プロジェクトだけではなく、食糧・農牧業・軽工業省、モンゴルの学者や研究者、畜産分野の専門家たちが一丸となり、作成しました。

 ――「グリーンゴールド・家畜の健康」プロジェクトは食糧・農牧業・軽工業省に提出されました。今後、どのように続ければ、いいでしょうか。

  30年間失われた牧草地の適切な利用に対する政策が策定される必要があります。さらに、地方では家畜の放牧以外に新規雇用の創出に注力しなければならない。地方で労働している人々は郡庁所在地に住む公務員と遊牧民だけです。そのため、遊牧民だけでなく、家畜に由来する原料の準備や加工等を行う新規雇用が創出されれば、と思います。

  ――このプロジェクトの概要についてお話ください。1999~2000年に発生したゾド(寒雪害)を機に始まったそうですね。      そうです。当時、SDCは国連開発計画と協力し、ゾドに覆われた遊牧民に現金や食料、飼料などを提供していました。一方、ゾド発生の原因である牧草地の過剰利用は、遊牧民の生活をはじめ、社会・経済にも影響が及んでいることに注意を払い、これを変えようとのイニシアティブでこのプロジェクトを始めました。モンゴルの領土面積の7割を占める牧草地に遊牧畜産業が頼っており、経済や環境分野にも関連するので牧草地に焦点を当てました。また、牧草地の過剰利用等に関する意識、情報を統一させようとした。グリーンゴールドは牧草地を意味します。

 ――牧草地に関する調査の現状と特徴は何ですか?

 民主化前、モンゴルの畜産業研究附属の牧草地・ 飼料部があり、優れた学者らによる研究チームが牧草地、その植物、土壌などを全体的に詳しく調べ、その方法も適格でした。牧草 地を適切に利用している遊牧民の知識、経験を科学的調査と合わせ、また、生活に導入する形を取っていました。つまり、農業、畜産業、牧草地は政府政策の中心でしたが、過去30年間は畜産業、牧草地向けの政策、予算、関連問題の担当組織もなかったのです。我々が実施している調査の特徴というと、短期間に牧草地、土壌劣化の状態を測定し、指標化したことです。

 ――グリーンゴールドの他、家畜の健康にも焦点を当てましたね。

 これには獣 医畜産分野がどのようにかかわっていますか。家畜の健康は牧草地の過剰利用と密接に関係します。「遊牧畜産業の持続可能な基準」の通り、家畜が健康であれば、家畜由来の原料や製品の基準が満たされます。そのため、遊牧民がよく利用する獣医サービスのアクセスや質向上のため努力してきました。

 ――「遊牧畜産業の持続可能な基準」通り、ヤクの皮でサッカーボールを製造したのですね。大量生産は始まったのですか。

 この基準に基づき、いくつかの製品生産の試験を行いました。その一つがヤクの皮革サッカーボールで、このボールにQRコードが付いています。このコードをスマホで読み取るとこのボールの原材料の由来、環境に優しい かどうかなど全ての情報を入手できます。皮革製品の国際市場における需要が高いため、モンゴルが製造できる製品は高品質でなければなりません。天然皮革 サッカーボールの製造を通じて、大量ではなくても、 高品質の製品を輸出するだけで、世界市場で競争できることを見せようと目指しました。このボールを購入する海外からの注文が来ています。現時点では事業実施国スイスから1000個の購入注文がありました。

 ――ありがとうございま した。今後の成果を期待しています。


関連ニュース